取り囲まれる「なりきり舞妓」さん

ご存知の方もおいと思いますが、有名社寺の近くによくあるサービスで、舞妓さんに変身できるというものがあります。

昔からココ京都では、レンタル着物と言うものがありますが、思い切って舞妓さんになってしまおうというサービスを行っている業者が何社かあります。

「四季」
http://www.maiko-henshin.com/index.html

「スタジオ夢館」
http://www.yumeyakata.com/

京都にお越しの際には一度チャレンジをされてみてはと思います。比較的にリーズナブルな価格帯で舞妓に変身できますから、旅の思い出にでもと思います。

ただ、この姿で表に出ると、それはそれは大変な事態になってしまうことを覚えておいてください。何がというと、周りを囲まれてしまうからです。

観光地には沢山の観光客で溢れかえっています。昨日もお話しましたように、京都=舞妓と言うイメージがありますから、本物でなくても舞妓さんの格好をして表に出たら目に付くのは当たり前です。

その中でも特に敏感に反応を示すのが外国の方達です。即効でよってきます。写真を取られます。一緒に並んで記念撮影まで求められるのは必須です。

基本的に誰かがその「なりきり舞妓」に近づいて写真を撮ろうもんなら、周りにいた観光客はこぞって集まってきます。例えば「清水寺」の近くにもスタジオがあるんですが、そこから「清水寺」に行こうもんならもう大変です。取り囲まれて歩けないといった状態にまでなります。

もうそれこそ「清水寺」そっちのけで、シャッターを切りまくっています。と言いつつも、私もその中の一人であるということも正直にお話しておきます・・・^^

ですから、「なりきり舞妓」は大変ですから、その格好で表に出歩く場合は心して掛かってくださいね。

新メルマガ「京都写真集 匠の京」絶賛発信中! ! ご購読はこちら↓
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/63/P0006345.html

サイト「匠の京」
http://takumino-kyo.com/

ランキングに参加中! どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック