時代の髪型ずらり、風俗行列練る 東山・安井金比羅宮「櫛まつり」

使い古したり、折れてしまった櫛(くし)に感謝する恒例の「櫛まつり」が24日、京都市東山区の安井金比羅宮で開かれた。古墳時代の格好から現代の舞妓姿まで、さまざまな時代の髪型と服装をした女性たち46人の「風俗行列」が、祇園一帯を練り歩いた。(京都新聞電子版から引用)

1961年から催しされている「櫛まつり」は、毎年9月第4月曜日にあります。この祭りは、古くなったり傷んでしまった櫛やかんざしに、感謝をこめて供養するお祭りで、「安井金比羅宮」という神社で執り行われます。

祭神には、「崇徳天皇(すとくてんのう)」「大物主神(おおものぬしのかみ)」「源 頼政(みなもとのよりまさ)」などをお祀りしていますが、境内の北側に「櫛塚(久志塚)」があるため、女性の命とも言われる髪の美しさを引き立てる櫛をお祀りしていて、美願のご利益があるとされています。

ランキングに参加中! どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

祭りのスタートは、この塚の前で祭典が執り行われ、拝殿で舞踊「黒髪」が奉納され、その後14時から各時代の髪型に髪を結い衣装まとった女性達が神社周辺から近隣を練り歩く「風俗行列」といったものになります。

凄いのは、古墳時代の埴輪(はにわ)風の髪型から現代の「舞妓」まで時代とともに(時代祭みたい^^)総勢46人のモデル女性が時代の髪型を結っているのですが、そのすべてがなんと「自毛(地毛)」だということです。

参加をしている女性達は、ほとんどが一般の方のようで、主催をしている「京都美容文化クラブ」所属の美容院関係者の女性達のようです。

やっぱり京都、日本の女性達は着物や日本髪がとてもよく似合います。

ランキングに参加中! どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック