結構距離を歩きます。

撮影に出掛けると、多いときでは3箇所や4箇所程度、一回の撮影時に廻っていたとお話をしましたが、こうなると結構な距離を歩くこととなります。

寺から寺を歩るくのはもちろんですが、広い境内を持った寺だとその一箇所だけで、かなり歩くことになりますので大変です。それに、ただ歩くだけならまだしも、結構お寺の境内と言うのはアップダウンが激しいもので、相当疲れたりします。

一つ例を挙げると、紅葉などで知られる「神護寺」は相当な道のりを歩いていくかなりハードな寺になります。中に入ってからの境内もかなり広いので、それ自体も疲れてしまいますが、一番の難所はなんと言っても周山街道から仁王門までの道のりです。

まず時間的に言うと周山街道から仁王門まで約20~30分、しかもとてもとても長い階段を上がったり下がったりと、物凄くハードです。秋の紅葉シーズンでは、その道中とても綺麗な紅葉を楽しむ事が出来ますから、それはそれで楽しく、逆に言うとそれ自体が紅葉散策といった感じではありますが、それにしても目的の寺までにへばってしまうというぐらいの道のりです。

普段、ここまでのハードな場所はめったにありませんが、少なくとも2箇所以上廻るということはかなりの距離になりますので、しまいには疲れ果ててシャッターを切る事も出来なくなるぐらいです。

先日お話したように、そういった意味もあり現在では2箇所までと決めていますので、かなり楽になり、時間的にも余裕ができました。早くからこうすればよかったのですが、何分場所によってはついでだから・・・と言うこともあり、時と場合によっては今でも3箇所ほどハシゴする事もあります。

しかし、ついでと言うのはあまりよくありませんね。ついでにと寄った場所はあまり納得出来る写真が撮影できなかったりしますので、やっぱり2箇所だけ決めたところを散策するようにしています。

これからも良い写真をアップしていきますので、どうぞお楽しみに^^

新メルマガ「京都写真集 匠の京」絶賛発信中! ! ご購読はこちら↓
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/63/P0006345.html

サイト「匠の京」
http://takumino-kyo.com/

ランキングに参加中! どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック