【京都 寺】敵は本能寺にあり! !~「本能寺」最終章

画像

【京都 寺】敵は本能寺にあり! !~「本能寺」最終章
本日も昨日に引き続き、「本能寺の変」で有名な「本能寺」をご紹介させていただきます。^^

昨日ご紹介しとりましたけど現在の本能寺は、「本堂」がメインとなりまして、その他は資料館のような建物と、寺が4つほど境内にあります。

今日は「本堂の周辺をぐるりと・・・^^

場所はここどすぅ^^
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E135.46.15.9N35.0.25.8&ZM=10
(マップファンの地図どす)

「本能寺跡」(本能寺の変が実際に起こった場所(?))
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E135.45.26.8N35.0.11.0&ZM=11
(マップファンの地図どす)

【本能寺】
本能寺(ほんのうじ)は、京都府京都市中京区にある、法華宗本門流の寺院。本尊は日蓮が定めた久遠常住具足の「南無妙法蓮華経」の曼荼羅本尊とする。織田信長が明智光秀に討たれた「本能寺の変」で知られる。(Wikipediaから引用)

ランキングに参加中! どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

「本堂」右辺りから右側面を何枚かパシャパシャと^^

小さな庭園のようなもの、松などが綺麗どした^^

ランキングに参加中! どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

画像

画像

「本堂」の右側奥に行くと、「信長公廟」がありました。ちなみに「廟(びょうとは、死者、特に祖先の霊をまつる所)」という意味どす。

手を合わせておきました^^

画像

画像

「信長公廟」の左隣にある、手水場と「本門八品」と「日蓮大上人」の文字が刻まれた石碑がありました。

といったところで、「本能寺」はこれにて終了どす^^

皆様いかかどしたか?

現在の「本能寺」は、あの大謀反の直接事件現場ではおまへんけど、「本能寺」というだけで、歴史ロマンに触れた気分になります。京都にはこういった歴史に肌で触れる箇所が沢山ありますさかい、やめられまへんなぁ^^

メルマガを発信しておりますんや^^ ブログよりもっと詳しく! ! 宜しければご購読くださいどすぅ^^
http://www.mag2.com/m/0000203175.html
(まぐまぐ)

1000ピクセル以上の綺麗で高画質な画像はこちら「匠の京」でお楽しみください。

ブログランキングに参加しております。少しでも多くの方にこのブログを見ていただきたいと強く願っております。皆様のご協力が必要で御座います。どうぞ1クリックお願いします^^ 心よりお願い申し上げます。↓
ブログランキング

明日をお楽しみに

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック