【京都 寺】二条城 その1

画像

【京都 寺 二条城 その1】
二条城(にじょうじょう)は、京都市中京区二条城町にある江戸時代の城。京都市街の中にある平城で、京都観光の定番となっている。城全体が国の史跡に指定されている他、二の丸御殿が国宝に、22棟の建造物と二の丸御殿にある計954点の障壁画が重要文化財に、二の丸御殿庭園が特別名勝に指定されている。さらに、1994年にはユネスコの世界文化遺産に「古都京都の文化財」の1つとして登録された。(Wikipediaから引用)

二条城の詳細はこちらをご覧ください「Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E6%9D%A1%E5%9F%8E

さてさて、本日からは「二条城」をお届けさせてもらいますぅ^^

「二条城」の場所

(マップファンの地図どす)

ある意味、京都市内のど真ん中あたりに位置する感じでの二条城どして、観光の定番となっとる場所どすなぁ。そらここも「金閣寺」同様観光客の溢れ返っとる場所どす(笑) そやけど、「金閣寺」よりまだマシなのは、


「広い!」


ということどす。総面積がなっ、なんと!

「総面積 275,000平方メートル!」

というても、ピンときまへんなぁ(笑) まっ、とりあえず広大だ、と言うことどす^^

ではでは、ということで中に入っていきましょう^^

ランキングに参加しています。どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

画像


画像


画像

堀川通り(二条城に面して南北に伸びる大通り)に面した形である駐車場にまず車を止めて受付へと向かいます。さすがに観光客が多いからか寺院では非常に珍しい「自動券売機」が設置してありますんや。ここで入場券を購入。拝観料は「600円」どす。

画像


画像

ここが入り口の「東大手門」どす。立派どっしゃろぅ^^ これが「堀川通り」から常に見えるんどす。前になんどかいうとりましたけど、京都言うのは突然時代劇にタイムスリップしてしまう光景が多々あるんどす。ここ二条城ももその一つどして、観光客の方は多分その突然の光景に驚かはると思います。わてら地元のもんは当たり前の光景としてありますけど、あらためて考えて見ると不思議な光景どす(笑)

ここに受付があってさっき「自動券売機(そない改めて強調せんでも・・・笑)」購入したチケットを手渡しもぎってもらいます。そのときに3分の1になったチケットと、2色刷りのような3つ折パンフレットをもらいます。

さてさて、いざ中へといかん! !

ランキングに参加しています。どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

画像


画像


画像

受付を経て中へと進みます。まず堀がありますさかい、当然のことながら橋があり、その上から左右をパシャパシャ。二条城の堀はこんな感じどす。ビルが見えるのが変な感じどっしゃろ^^ このビルが無かったら最高の構図なんどすけど、そうもいえまへん(笑)

重文の「東大手門」どす。さあ、ここから

「タイムスリップ」

どす。

画像


画像


画像

例によって例のごとく、門をパシャリ^^ 1626年(寛永3年)に完成したと言うことどすさかい、

ざっと381年の歴史! !

ひぇ~! ! 

その間ずーっとここに立っとるぅ~^^

早速、タイムスリップ! ! どす(笑)


と、とりあえずスリスリと・・・(笑)

う~ん、ロマンどすなぁ、ロマン。この重厚な門構えはさすが「徳川家」どす。

ランキングに参加しています。どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

画像


画像


画像

門をくぐって中へ入ってとりあえずパシャパシャ。ご覧のように小学生のツアー一団が!

ギャ~! !(笑)

画像


画像


画像

「東大手門」をくぐってすぐ北側に「番所」というところが再現されてあります。中には人形がその当時の雰囲気を再現しとくれとりまして、中々面白いと思います。ガラスがはめ込んでありますし、反射して見にくいどすな、すんまへん。

画像

さて、これか広い広い二条城を散策していくんどすけど、迷わんようにかところどころにこういった地図看板が立っとります。非常にありがたいどす。

画像


画像

番所を後に、これから国宝「二の丸御殿」へと向かいます。少し離れた場所から引いて撮影。この日は天気がよくて、暑いぐらいどした。この塀の中に「二の丸御殿」がありますんや。

画像

二条城を囲む「塀」の内側どす。外側からはよく目にするんどすけど、中に入って内側の塀はあまり見れまへんさかい、一枚パシャリしといたんどす(笑)

ランキングに参加しています。どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

画像


画像


画像

「二の丸御殿」前にある「唐門」どす。これまた立派どっしゃろぅ。しばしうっとりと・・・(笑) ただ、非常に暑かったもんでじっとしてられまへんどしたけど^^

実は不思議なことに、この「唐門」のある「塀」は「二の丸御殿」を取り囲んであるわけやのーて、4分の一ほどしかおまへんのどす。なんでかよー解りまへんけど。ただ、この先にある「本丸御殿」には大きな「内堀」があってちゃんと別格に守られとりますけど。

画像

「唐門」の上部どす。上向いてパシャリしたもんどすさかい、ちょいピンボケ(笑)

画像


画像


画像


画像

ジャジャ~ン! !

これが

「二の丸御殿」

ど~す。立派どっしゃろぅ^^

建物面積は3300平方メートル、部屋数は33、畳の数はなんと800畳

と凄いの一言どす! !

この中は、部屋を中心にその周りを「鶯ばり」と呼ばれる廊下をぐるりと回る形で歩いて行くんどす。総距離約400メートルと言うことどす。この「鶯ばり」という廊下どすけど、歩くたびに

「キュッ、キュッ!」

と鳴くんどす!

なんでも音が出るような仕組みがしてあるそうどして、かわいく歩くたびに

「キュッ、キュッ」

と^^

二の丸の中心的建造物である二の丸御殿は、東大手門から見て、正面の右斜め前方向に建つ。御殿は築地塀で囲まれていて、唐門は塀の南側にある。それをくぐると正面に、二の丸御殿の玄関にあたる「車寄」(くるまよせ)が見える。二の丸御殿は、手前から順に「遠侍」(とおざむらい)、「式台」(しきだい)、「大広間」、「蘇鉄の間」、「黒書院」(くろしょいん)、「白書院」(しろしょいん)と呼ばれる6つの建物が雁行に並び、廊下で接続され一体となっている。大広間の西側、黒書院の南側に、日本庭園がある。遠侍の北側、白書院の東側には、「台所」と配膳をするための「御清所」と呼ばれる建物がある。本丸の御殿は、御所の北にあった旧桂宮邸を明治26年から27年にかけて移築したものである。こちらは普段は非公開であり、春と秋に期間限定で公開されている。本丸御殿の南には、洋風庭園がある。(Wikipediaから引用)

ランキングに参加しています。どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

画像

残念ながらこの「二の丸御殿」内は撮影が禁止されとりまして、ほんまは撮ったらあんかのどす。そやけど、1枚だけと言うことでパシャリ!

この部屋は、各大名が将軍様(「北」の人とはちがいまっせ!)と会う部屋どす。この御殿は33の部屋がおますけど、それぞれの部屋の意味がおして、例えばこの将軍様と大名が会う部屋とか、この大名が待つ待合室のようなもの、また公家が入られる部屋、奥には将軍様の私部屋など、1つ1つの部屋の用等がきまっとったみたいどす。そやし、「33」もの部屋が出来たということなんどっしゃろなぁ。

ほんで驚きなのが、

「1つ1つが大きい」

ということどす。

例えば襖は1枚が通常の1.5倍ぐらい、天井の高さはゆうに2倍!(天井が高い) 柱は太いし、部屋1つ1つが大きいときたもんだ(笑)

当時の人の平均身長は150~160ぐらいとすし必要あらへんと思うんどすけど、何もかも大きいんどす。これには驚きどした。

それから忘れてならんのがその装飾どす。まぁ、何をどうとっても大したものばかりどす。はっきりいうて気が遠くなる状態(笑)どした。もう「タイムスリップ」を通り越して


「気絶寸前!」


といった感じどす(笑) 

もう「鶯ばり」の廊下を「キュッ、キュッ」といわせながら、

「ポカ~ん」

と眺めながら歩いとりました(笑)

ここの嬉しいところは、各部屋の前に「無人解説機」なるものがおして、ようはボタンを押すとスピーカーからテープで解説してくれるというものどす。これはありがたいどす。聞くだけでええどすしな^^

ランキングに参加しています。どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

画像


画像

さてさて「二の丸御殿」を出て、今度は「二の丸庭園」へと向かいます。

と、その前になにやら雰囲気のある「鐘」が地面においてあるでは御座らぬか! 

どうやら、連絡用、緊急用、非常時の伝達、などに使われていたと言うことのようどす。何かあれば

「ゴ~ン、ゴ~ン」

と鳴らしたはったんどっしゃろなぁ。

1000ピクセル以上の綺麗で高画質な画像はこちら「匠の京」でお楽しみください。

ブログランキングに参加しております。少しでも多くの方にこのブログを見ていただきたいと強く願っております。皆様のご協力が必要で御座います。どうぞ1クリックお願いします^^ 心よりお願い申し上げます。↓
ブログランキング

明日をお楽しみに



この記事へのコメント

2006年11月04日 11:33
久々に二条城を見ました。
ここって紅葉はあったでしょうか?
本丸御殿の特別公開の時に、見学に行きましたが、印象がなくて....
建物の印象が強かったのかも!
2006年11月04日 14:30
おばブー>
おおきにどす。紅葉と言とあるでしょうけど、あまり紅葉の名地ではないと思います。おっしゃろとおり、建物が強烈な場所どすし、紅葉を楽しまはるんどしたら、ここより他の場所がええと思います。またこちらのブログでご紹介させてもらいますので、楽しみにしといてくださいどす^^
コング
2011年09月29日 08:59
豚骨ラーメン
さる
2011年09月29日 09:03
けつの穴
コング
2011年09月29日 09:04

私はてんぐのコングだー
けつ
2011年09月29日 09:29
ちんこかゆい

この記事へのトラックバック