【京都 寺 金閣寺 その1】

画像

【京都 寺 金閣寺 その1】京都 寺 金閣寺の高画質画像はこちら
鹿苑寺(ろくおんじ)は、京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺院。寺名は足利義満の法名にちなむ。通称金閣寺(きんかくじ)、山号は北山(ほくざん)。1994年に古都京都の文化財として世界遺産に登録された。中心となる建築物である舎利殿を「金閣」、寺院全体を「金閣寺」と通称する。

通称「金閣寺」の由来となった金閣は、漆地に金箔を押した三層の建物で正式には舎利殿と称する(金箔を貼るのは二・三層のみ)。初層・二層・三層のそれぞれに異なる様式を採用した特異な建築で、初層は寝殿造風で「法水院」と称し、二層は住宅風(武家造)の「潮音洞」、三層は禅宗様の仏殿風で仏舎利を安置し「究竟頂」(くっきょうちょう)と称する。屋根はこけら葺きで上には鳳凰が飾られている。

この地には、鎌倉時代の元仁元年(1224年)に藤原公経(西園寺公経)が西園寺を建立し、あわせて山荘を営んでいた。これらは公経の子孫である西園寺家が代々所有していた。同氏は代々朝廷と鎌倉幕府との連絡役である関東申次を務めていたが、幕府滅亡直後に当主・西園寺公宗が後醍醐天皇を西園寺に招待して暗殺しようと企てたという容疑がかけられて処刑されてしまい、西園寺家の膨大な所領と資産は没収されてしまう。このため、西園寺も次第に修理が及ばず荒れていった。

1397年(応永4年)、足利義満が河内国の領地と交換に西園寺を譲り受け、改築と新築によって一新した。この義満の北山山荘は当時「北山殿」、または「北山第」と呼ばれた。邸宅とは言え、その規模は御所に匹敵し、政治中枢の全てが集約された。義満はここで一切の政務を行った。その後、義満は征夷大将軍を子の義持に譲ったが、実権は手放さず、北山殿にあって政務を見た。義満の死後、義持によって北山殿は舎利殿を残して解体され、禅寺とされて鹿苑寺と名付けられた。

応仁の乱では、西軍の陣となり建築物の多くが焼失した。

焼失する前の金閣鹿苑寺金閣は第二次大戦前から(旧)国宝に指定されていたが、1950年(昭和25年)、学僧・林承賢(当時21歳)の放火により炎上(金閣寺放火事件)。林は寺の裏山で自殺を図った。建物は全焼し、国宝の足利義満像も焼失した。この事件は三島由紀夫の小説『金閣寺』、水上勉の小説『五番町夕霧楼』・『金閣炎上』の題材にもなっている。現存する金閣は1955年(昭和30年)に旧状どおり再建されたものである。なお、上層の天井板は「楠天井の一枚板」であったと伝えられるが、焼失のため、現在となっては真偽は定かでない。後に8代将軍・足利義政は祖父・義満にならい、銀閣を建てた。(Wikipediaから引用)

さて、本日から超ウルトラ有名寺「金閣寺」どす。^^ 

もう何も言うことはおまへんけど、だれでもしっとるお寺はんどすな。本日からこの金閣寺を散策したいと思います。

ランキングに参加しています。どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

画像


画像


画像

まずは金閣寺脇にある駐車場に入って車を駐車。この日は、家を出るのが少々遅かったもんどすさかい、心配してたんどすけど、やっぱり人の多さにいきなり気分喪失・・・。京都観光ツアーには必ず、修学旅行にも必ずルートに入っとる場所どすししゃーないんどすけど、このバスの多さと人の多さには毎回嫌気がさします(笑)

大体この金閣寺はいつもこのような状態どすし、お越しにならはる方は覚悟してきてくださいね。コツとしては昼二番ぐらいから閉館までの数時間が比較的空いとる感じどすかなぁ。この金閣寺に限らず有名寺院なんかは、大体昼二番ぐらいからすこ~しマシになります。一応ご参考に。

画像


画像


画像

気を取り直して・・・と思いながらテクテク歩きます。

緑が綺麗どした。金閣寺の前には1ブロックほど離れて「西大路」という大きな通りが南北に通っとります。この道も交通量の多い通りどすし、そのすぐ脇にこんな綺麗な自然に囲まれた金閣寺があるやなんて、知らん人は想像もつかんと思います。

ランキングに参加しています。どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

画像

金閣寺の門脇にある金閣寺の図どす。じっくり見るのも非常に困難な状態どす(笑)

画像

立ち止まるとすぐにこのような混雑状態・・・。次から次へと観光客がゾロゾロ・・・。

もう、嫌や~(笑)

画像

中にも入れず・・・。しばらく空くのを待つことに。

画像


画像


画像

紅葉はまだまだどした。ほんの少しだけ色づいてきたかなぁ・・・という感じどす。

画像

やっと・・・やっと空いたのでスキを見てパシャリ。そやけど、この写真を撮っとる間にまた次のツアー客の足音が・・・、ヒェ~! !(笑)

とにかく駐車場からテクテク歩いて7~8分ぐらいでこの門に到着します。この中で、あの綺麗な金閣寺を見ることが出来るんどす。なんやワクワクしますやろ? わて何度かこの金閣寺に来とりますけど、目の前に広がるキンキラキンの金閣寺を見るたびに感動で胸がドキドキしてしまう感じを毎回感じとります。それぐらい凄いということどすなぁ。

ランキングに参加しています。どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

画像

門の扉をパシャリ。この門の歴史は何年か解りまへんけど、

「あぁ、ロマンどす」

「あぁ、タイムスリップどす」


(笑)

う~ん、ええわぁ、ほんまええ! !

この重厚な古み、味わい、厚み・・・どれをとっても合格! どす(笑)

一応、「スリスリ」といつものように触れられるものは触れときました(笑) 数百年の歴史どっせ。触っとかんと損しますわ(笑)

・・・としばしうっとりとしとりました(笑)

画像

門をくぐって1枚パシャリ。人で見えにくいどすけど、正面に受付があります。

画像


画像


画像

繰り返しますけど、緑が綺麗どした。京都はこの「緑」いうのもひとつの京都カラーやと思うんどす。京都言うとなんや「赤系」の「雅色」が好まれて使われたりしますけど、わて的にはこの緑も忘れてはならんカラーやと思うんどす。これからは「秋の紅葉色」どすけど、新緑の季節「6月」は捨てがたい季節のひとつどすし、どうぞ覚えといてください。

それと6月がええのは、「シーズンOFF」という時期なんどす。ということは、どこ行っても人が少ない! ! これ最高! ! 春は桜、秋は紅葉、と認識はあっても、この6月の緑の美しさは見落とされとります。そこが狙い目どす。ツアーなんかも比較的見落とされがちどすし超お奨めどす。また来年一度狙って来ておくれやす^^

ランキングに参加しています。どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

画像

何枚かパシャパシャしとるとご覧のように次のツアー客がゾロゾロ・・・。

ヒェ~! !(笑)

画像


画像

やっとの思いで受付に到着。受付の脇になにやら文字が・・・。

「写経の方はどうぞお入りください」

う~ん魅力ある文字(笑) 皆さんは写経をしはったことがありますか? 実はわてありまへんのや。一度やってみたいと思うとりますけど、中々機会がのーてまだやったことおまへんのや。これは心を落ち着かせてせんとあきまへんし、忙しく写真をパシャパシャやっとるときは無理っぽいどす。一度これだけをするために来る覚悟(?)が必要どすなぁ。

さてさて、「写経」を横目で見ながら拝観料を支払い中へと進んでいくことに。拝観料を支払うと中三つ折のパンフと「金閣舎利殿御守護」と書かれた白い「お札」をいただきます。これをもっていざ中へ!

続きはまた明日^^

1000ピクセル以上の綺麗で高画質な画像はこちら「匠の京」でお楽しみください。

明日をお楽しみに

この記事へのコメント

2006年10月31日 18:49
凄い情報量!!!
すばらしいです!
緑もすてきですよねぇ。。。
本当のところを言えば、金閣寺でも、その他の寺院でも、もっとゆっくりと見たいです。
お客さんが誰もいなく、お坊さんのせわしなく廊下を早歩きするドタドタという音だけが聞こえるような。。。
でも、無理ですよね~~っ。。。
でも6月ならまだ、大丈夫なのかな?
こんど京都を訪れるときは、6月に京人さんのブログを参考にして行きたいです。
(^▽^*)
2006年11月01日 07:53
こんにちわ。そうなんどすわ、観光客の多さにほとほと嫌気がさすときがありますわ。特に若い方は、お寺など興味がないにもかかわらず、ツアーで組まれとるから仕方なしにゾロゾロついてくる、といった感じどっしゃろか・・・。こういうツアーというのは、国宝を前にしてもただ通過しとるだやったりして、何のために来てるのやろか? と思ってしまいますね。来るな、とはいいまへんけど、もう少しエチケットを守ってせめて静かに行動してほしいと祈るばかりどす。
はい、6月はお勧めどすし、是非に来年起こしやす! !
2006年11月01日 17:54
こんばんわ!
ページ訪問ありがとうございました。
いやー、京人さんのパワーには圧倒されてます。大昔の修学旅行以来訪問してない金閣寺を机上で見学出来ました。
相変わらずの人人人ですね。
久しぶりの見物で大喜びです。
これからも色々な情報を発信願います。
たまには、上を見上げて鉄塔をご覧下さい。(市内は景観上鉄塔は少ないと思いますが・・・)ではまた。
2006年11月02日 08:02
てっとう虫さん>
おおきにどす^^ 喜んでいただいてわてもとても嬉しいどす。おおきにどす^^ 
もうとても人が多かったどす~~ 観光ルートの一等地どっさかい、しゃーないんどすけど。
はい、市内なは鉄塔と呼べるものは数少ないどすけど、少し田舎へいくと色々ありますし、今度注意してみてみます。
2006年11月03日 16:52
こんにちは
きょうは 金閣寺をゆっくり楽しませていただきました 茶店ではゆっくり休ませていただいたつもり・・・ 楽しい気分です
2006年11月04日 14:28
メダカさん>
おおきにどすぅ。そんな風に行ってただけたら嬉しいかぎりどす、おおきにどす。「匠の京」でまた近々クリアーな画像をアップしていますので、そちらもお楽しみに!
tmr
2007年05月14日 17:28
はじめまして。
最近、一人で旅してみないと思ってる韓国人です。^^;
本当にすごいですね!
金閣寺には一回だけいって見たんですけど、このブログをみると、同じところに行ってきたのかな、自分。
と反省してます。(笑)
2007年05月16日 07:58
tmrさん
こんにちわどすぅ^^

ぶらぶら一人旅するのって結構ええもんどっせ^^ 極たまに寂しくなる瞬間があったりしますけど、自由気ままに行動できますし、社寺なんか散策していると買って気ままにタイムスリップして一人ボ~ッと出来たりしますしええもんどす^^ 
金閣寺、また機会があったら見にきてくださいどす^^ 天候が良かったらいつでもキラキラしとりまっさかいに^^

コメントおおきにどすぅ^^ またちょくちょくコメントいただけると嬉しいどす^^

この記事へのトラックバック