京都 寺 匠の京ブログ ぶらり一人旅 京都 寺

アクセスカウンタ

zoom RSS 感動したければとにかく歩く! !

<<   作成日時 : 2007/10/26 08:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、感動したければ、「細かくチェックすること」とお話をしておりましたが、今度は「とにかく歩く」と言うことを伝授(?)します。

つまりは、あっちこっち歩いて自分の目で見なさい、と言うことになりますが、これが意外に出来ていない方が多いと思います。

例えば、大変広い境内を持つ寺院というものがあります。「妙心寺」「大徳寺」などをはじめ、「東福寺」「醍醐寺」なども大変広い境内を有しています。これらの隅々まで歩くというのは結構大変で、歩くだけで十分疲れてしまいます。「醍醐寺」などは「上伽藍」「下伽藍」と分かれており、「上伽藍」にいくだけでも山道をテクテク歩いて40〜50分ほどかかってしまいます。もうこうなると、観光と言う枠を超えてしまっていますよね。

確かに「醍醐寺」の場合は少し例外かもしれませんが、しかし、ちょっと歩いてそこまで行けば大変貴重な文化財をみることが出来るのに・・・そこへいけば綺麗な庭園が望めるのに・・・と言う場所の手前でくるりとUターンして帰ってしまう、ということをしてしまっている方がおられるようです。これは大変もったいない話です。

このパターは、「勝手な判断」をしてしまっている方に多いようです。つまり「この先にはもう何もないだろう・・・」と言う判断です。境内と言うのは非常に入り組んでいたりしますし、また自然と調和の取れた境内のため、樹木が覆い茂り先が見えないという場合も多々あるため、どこまでこの先が続くか解らない・・・と言うようなことで面倒がって歩くことを止めてしまうということです。

これはいけません。せっかくそこまで来たのですから、時間の都合もあるでしょうがもう一頑張りして歩いていくことをお勧めします。

ランキングに参加中! どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

例えば、「紅葉の馬場」で大変有名な「二尊院」などは、「紅葉の馬場」と呼ばれる参道から境内をぐるりと巡っただけでも結構な距離があります。しかしながら境内北側に広がる広大な墓地には、幕末に活躍した各藩の著名人や有名役者(坂東妻三郎)などをはじめとした方々のお墓があったり、一条の「円光寺」では、境内裏側の山の中腹辺りにこの寺の開基である「徳川家康公」の墓があったりします。

丁寧なところでは、細かいところまで記されていたりしますが、大体大雑把なものが多く、メインとなる本尊や重文以上の価値があるものしか記載されていなかったりします。

ですから、ご自身の足で歩いて探す、と言うことです。後で気づいてあぁ〜・・・なんてこと嫌でしょう。だから面倒がらずに歩くということが大変重要だという事です。

皆様、観光にきたら、頑張って歩きましょう^^

新メルマガ「京都写真集 匠の京」絶賛発信中! ! 630円 ご購読はこちら↓
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/63/P0006345.html

サイト「匠の京」
http://takumino-kyo.com/

ランキングに参加中! どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
感動したければとにかく歩く! ! 京都 寺 匠の京ブログ ぶらり一人旅 京都 寺/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる