京都 寺 匠の京ブログ ぶらり一人旅 京都 寺

アクセスカウンタ

zoom RSS 感動したければ細かくチェックすること! !

<<   作成日時 : 2007/10/25 08:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

良く観光ツアーなどに参加すると、時間との戦いのようなハードスケジュールが組まれているということがあります。仮にハードスケジュールでなくても、大体の観光ツアーは時間が決まっているものですから、どうしてもゆっくりじっくり散策すると言う事で出来にくいものです。

上記のような状態で旅行に来られた場合は仕方がありませんが、基本的には、ゆっくりじっくり廻ってもらいたいものです。

ゆっくりじっくり散策することによって、見えなかったものが見えてくるということです。

庭園が実に綺麗だから・・・と言うことで、お寺などを散策に来られますが、庭園だけを見て帰ってしまうという、非常にもったいない見方をして帰っていかれる方を良くお見かけします。ハードスケジュールと言うこともあるのかも知れませんが・・・というより「見方」を知らない方が大変多いということです。

この「匠の京」でも何度もお話をしております「庭園の見方」と言うことですが、それに+アルファの見方と言うことを少しお話してみたいと思います。

庭園の見方のおさらいをしておきますと、「万丈」などの室内奥から、手前の畳、建物の柱、張り、襖、縁側、庭園、そして奥に広がる借景・・・を一つの構図と捕らえ、全体像を眺めるという見方をご説明しました。もう 皆様ご承知の通りで御座います。

さらに、室内、境内を散策していくことによって、新たな感動が待っているということです。

例えば簡単な例を挙げると、縁側に良く設置してある「鶯張り」です。有名なところでは「二条城」の「二の丸御殿」ですが、歩くと「きゅっきゅっ!」と音が鳴る仕掛けですね。これは、縁側を形成している床板の下に、金属の板と鍵状のものが設置してあり、人間の重みが掛かったときにそれが擦れ合い音が出るという仕掛けです。

ランキングに参加中! どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

これ、京都のお寺ではいたるところで出会います。

しかし、大変残念なことに、それに気づいていない方が大変多いということです。足元で「きゅっきゅっ!」とかわいらしい音が鳴っているのにも関わらず、全く気づかないということです。

私的には「何で! ?」と思いますが、気づいていない方は多いようですね。

何故か? 

やはり綺麗な庭園などに目を奪われていて・・・とか、綺麗な紅葉、桜・・・とか、文化財・・・などなどそういった箇所にばかり目がいってしまっています。

しかし、少し気をつけていれば、「あれ?」と気づき感動するはずなんですが、大変もったいないことです。

また例えば「智積院」の「万丈庭園」では、庭園にある池が、万丈の縁側下まで入り込む独特な形状をした庭園になっています。庭園全体像だけを望んで帰ってしまったのでは、その独創的な庭園の造りを楽しむことすらできていません。大変もったいない話です。

と言う具合に、細かなところにもきちっと目を向けることをしていけば、新たな感動を体験することが出来るということなんです。

これには、ちょっとコツがいりまかすら、最初は難しいかもしれません。ですが、「何で?」「何だろう?」の心を持っていれば、新たな感動を得ることが出来、社寺を10倍堪能することが出来ます。

新メルマガ「京都写真集 匠の京」絶賛発信中! ! 630円 ご購読はこちら↓
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/63/P0006345.html

サイト「匠の京」
http://takumino-kyo.com/

ランキングに参加中! どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね。

観光でやって来られる人は、一日に回るお寺の数が多ければ多いほど、「充実」していたと思っている人が多い気がします。
そうして、せわしなく回っていると、ふとした面白い趣向・仕掛けに気が付かないもの。
珍しい花を活けておられたり、お香に季節を感じさせたり。

バタバタと世話しなく行き来するお客さんを見てると、勿体無いなという気がします。
マー坊
2007/10/28 01:00
マー坊さん

ありがとう御座います。マー坊さんのおっしゃる通りとです。廻る箇所が多ければ多いほど充実していると勘違いしてしまっている・・・。大変残念なことです。気持ちは解らないでもないのですが、本当の感動を得ていないという事実です。

これはツアーを組む側にも責任がありますが、それにまかせっきりになってしまっているお客にも問題があると思います。

海外の場合は安全の面でもツアーは大変便利ですが、国内ぐらいは個人で旅行することを企画した方が良いのではいつも思います。

京人
2007/10/28 09:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
感動したければ細かくチェックすること! ! 京都 寺 匠の京ブログ ぶらり一人旅 京都 寺/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる