京都 寺 匠の京ブログ ぶらり一人旅 京都 寺

アクセスカウンタ

zoom RSS マナーを守りましょう

<<   作成日時 : 2007/10/12 08:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私は仕事柄、沢山の社寺に訪れます。そこでいつも気をつけているのは、他の観光客の迷惑にならないように、と言うことと、文化財を守る、それから拝観をさせていただいている社寺に迷惑を掛けない、と言うことです。

少し順序が逆に書いてしまいましたが、一番はなんと言ってもその場所に迷惑を掛けないということです。先日もお話をさせていただいたように、拝観を許可して頂いているのは、あくまでもその場所のご好意なので、拝観料を支払っているからといって、好き放題して良いワケはありません。

2つ目の文化財を守るということと連動しますが、拝観をしている場所は貴重な文化財を展示している場所が大変多いので、自分の行い一つで痛む可能性だってあります。また、痛む痛まない関係なしに、大声を出したり、走り回ったり、触ってみたり、力を入れて踏みしめたり(結構いますよこういう方が・・・~~)などの行動をとることによって、拝観をシャットアウトしてしまう可能性だってあります。そんなことになれば、綺麗な庭園や貴重な文化財に触れ合う機会が減ります。

ランキングに参加中! どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

何度も言いますが、拝観はそこのご好意です。それに感謝しましょう。また、寺などは貴重な文化財が展示してありますので、静々と歩き、会話は小声で、文化財の前では慎重に行動をとり、帰る時には、受付などに一声「ありがとう御座いました」と声を掛けるようにしましょう^^ 

またそういうエチケットを守った行動をとることによって、周りの観光客(他の方)にも迷惑が掛かりません。とある寺では、庭園前の縁側でいびきをかいて寝てしまった観光客がおられました。しかもその方は女性で、連れ合いのご主人も何も言わない・・・周りには私含めて数名の観光客がいましたが、辺りは方はくすくすを笑っています。笑われて当然ですが、おきる気配もなければご主人も注意しない・・・。これではいけません。

また先日お話したように、「入ってはいけません」とかいてあるところは絶対に守りましょう。あと、「写真禁止」「立ち止まらないでください」「触れないでください」と書いてあるところなども出来るだけ守りましょう。

みんながみんなエチケットを守れば、気持ちよく拝観することが出来ます。

新メルマガ「京都写真集 匠の京」絶賛発信中! ! ご購読はこちら↓
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/63/P0006345.html

サイト「匠の京」
http://takumino-kyo.com/

ランキングに参加中! どうぞ1クリックのご協力をお願いいたします。
ブログランキング←クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ←クリック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マナーを守りましょう 京都 寺 匠の京ブログ ぶらり一人旅 京都 寺/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる